2020年上半期のいい曲を10曲選びました

おはすし!

上半期10選、やっていくか~

選出基準

・2020年1月~6月にフル音源がリリースされた曲

・作曲家の被りなどは気にしない(タブの曲を2つ選びたかったので)

 

 

 

1.ALIVE-RYUTist

 作詞・作曲・編曲:蓮沼執太

RYUTist 4thアルバム『ファルセット』より。

「ALIVE」ヤバすぎるだろ...

約7分とかなり長めの曲ですが、それを全く感じさせない見事な構成力と音作りです。本当に時間があっという間に過ぎて行って、気づけば曲が終わっている…みたいな感覚ですね。

途中でポエトリー(語り)が入るんですけど「お皿とお箸が触れる 響くポリリズムの部分、食器が触れ合う音をポリリズムとして解釈するの本当にすごすぎる。皆さんは食器と箸が触れ合う音をポリリズムとして解釈したことありますか?僕はガキの頃に食事中に食器で遊ぶな!とママすしに怒られた記憶しかありませんが…

 

2.23時の春雷少女-鬼頭明里

作詞・作曲:田淵智也

編曲:やしきん・成田ハネダ(パスピエ)

鬼頭明里1stアルバム『STYLE』より。

シンセとピアノがリードしていくような構成になっています。ドラマチックなメロと歌詞がグッときますね。

2サビ→Dメロが「涙になったよ 君は夢だった→涙これは涙」とシームレスにつながっているのが疾走感があってとても気持ちいいです。

鬼頭明里さんのそもそもの表現力が高いのも関係していると思いますがサビ前の「エラーコード↓」など、ボーカルディレクションが細部まで行き届いているのが聴き手にも伝わってきていいですね。鬼頭明里さんの繊細かつエネルギーのある歌声を最大限に生かしているな~と感じました。

鬼頭明里さんはTVアニメ「Re:ステージ! ドリームデイズ♪ 」月坂紗由役や、TVアニメ「Re:ステージ! ドリームデイズ ♪」月坂紗由役、またTVアニメ「Re:ステージ! ドリームデイズ♪ 」月坂紗由役などを担当されていますが、どの役も表現力が光る場面が多いと感じるので、そういった表現力の高さがボーカルにもしっかりと反映されているのかもしれないですね。

 

3.ゆっくり走れば風は吹く-ときのそら

作詞・作曲・編曲:瀬名航

 ときのそら ミニアルバム『My Loving』より。

「出来ないことばっかりくるくるいつも遠回り」「何にもないもない」などのユニークで遊び心のある歌詞とまっすぐな歌詞が織り交ぜられていますが、その二つがサビの中で両立しているのが面白いです

メロがめちゃくちゃいい!!!サビのチップチューン、ブラスなどはあまり主張しすぎず、メロをしっかり聴いてもらえるような工夫がされているのかな~と思いました。この曲聴いてるとメロばっかり注目しちゃうような気がします

またときのそらさん自身の音域がかなり広いこともあって、この楽曲のメロも音域が広めです。それ故表現の幅が広く、いいメロになっているのかもしれませんね。

「たくさん歌を出して~、自分の曲とかも欲しいし、あと…前にね!横浜アリーナに行ったときにすごい…素敵だったから、いつか横浜アリーナとかで、ライブして、なんかみんなで、ライブー!みたいのも、やっていきたいなって思います!」

 

スウゥーーーーーーーーーーーー。

ときのそら、人柄派…

 

4.yours-鹿乃

 作詞:鹿乃 作曲・編曲:田中秀和MONACA

 鹿乃4thオリジナルアルバム『yuanfen』より。

『yuanfen』とかいう激ヤバ鬼マストアルバムからどの曲を選ぶか本当に悩みましたね...

シェイカーやギターのフレーズ、Bメロからの打楽器のリズムなどブラジル音楽的要素をふんだんに取り入れつつもダークな雰囲気をちゃんと両立させ続けてるの本当にヤバすぎる。今までの楽曲で養った音楽的スキルはしっかりと継承しつつ、全く新しいものに昇華させる、田中秀和さんの真骨頂ですね…

そしてこの一生ヤバいことしてる間奏は?言葉ではとても言い表せないような感情のうねりみたいなものが音として具現化されています。本当に怖いな~

鹿乃さんの歌詞も気味の悪い、じめっとした怖さがあっていいですね~

「暗い部屋の片隅で 膝抱えて月を見る」で始まる歌、どう考えてもバッドエンドだろ...

 

5.Well Wishing Word-水瀬いのり

 作詞・作曲・編曲:栁館周平

 水瀬いのり8thシングル『ココロソマリ』より。

ラパパドゥワドゥワシャラララ~♪

歌詞はひたすらに別れを告げまくっているのに、サウンド面はピッコロにシロフォン、ピアノ、ストリングス等々全部が多幸感モリモリなの、前向きな感じがして非常に良い!

そして各所に散りばめられているスキャットが印象的ですね。 イントロ、感想などで展開しまくったスキャット落ちサビでスキャットのみにするのめちゃくちゃいいな~。からのデッッッッッッッッカい跳びポlove♡

栁館周平さんはこの曲の他にもハチナイの「摩擦主義」や「ぬかるみ」など様々なジャンルの曲を作られていますが、こんなにかわいい声優ポップもいけるんですね。栁館周平さん、令和の怪物?

 

 6.夢をのぞいたら-:THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS!! (本田未央北条加蓮、夢見りあむ、遊佐こずえ、佐城雪美、一ノ瀬志希鷺沢文香佐久間まゆ、ナターリア)

作詞・作曲:佐伯youthK 編曲:睦月周平

夢をのぞいたら

夢をのぞいたら

  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 『夢をのぞいたら』より。

耳障りなサウンドが本当に一つもなくてすごい。柔らかい音作りで聴いていてめちゃくちゃ心地いいです。音のバランスも、どれか一つが主張しすぎることが全くなく綺麗に整えられています。そこにラップ調のメロを上手く乗せるのも本当にすごい。佐伯youthK、睦月周平スゲ~~~~

 一番の「ここにいる私たちにしか わからない不安もあるとおもうけど」って歌詞、彼女達がアイドルであることをしっかりと再確認させられる感じがいいですね。俺らにはステージ上のアイドルが何を不安に思っているかなんてわからないんだよな…うぅ…

そのあとの(uh~uh~)を2番で「うんうん」にしてくるのも意外性があって面白いです。

鷺沢文香「劣等感とか罪悪感より自身が感じる自信が肝心」って歌わせるのめちゃくちゃ質感があっていいですね…

ぎゅっぎゅっ♡

↑この萌え萌えアイドルどもが~♡

 

 7.Re:Fruition (feat. やなぎなぎ)-DEZOLVE

作詞:やなぎなぎ 作曲・編曲:山本真央

 DEZOLVE5thアルバム『Frontiers』より。

情報量がすごい!!

AメロBメロは同アルバム収録のインスト曲に寄せられたメロなのに、サビで急にアニソン感出してくるのすごい。 DEZOLVEはインストバンドなので歌モノはこれが初めてなんですけど、DEZOLVEらしいインスト曲のフュージョン要素アニソン要素楽曲の中で共存させているのが本当にすごいと思いました。

それまでイントロ~Aメロで出てきて以来身を隠していたチップチューンが1サビ前、2B前で一気に主張してくるのめちゃくちゃカッコいい~~!!!!

2サビ以降、ギターソロとピアノソロが展開されつつ楽曲がずっと緊張していたのが「はじめて息をするみたい」で一気に解決されるのめちゃくちゃ気持ちいいし、楽曲構成がうめ~~となりました。インストバンドなので楽曲の展開の作り方が上手いのかな~と思ったりしました。

「ドレスひとひら~↑」

↑キモすぎ…♡

 

 8.アンチグラビティ・ガール-月ノ美兎

作詞:MCTC 作曲・編曲:TAKU INOUE

  にじさんじオリジナルフルアルバム『SMASH The PAINT!!』より。

イエ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ヘェ~~~~~~~~~~~~~↑↑↑↑↑↑

月ノ美兎、カッコ良すぎ…

ポンコツだって承知さ」「B級のドリーム」など月ノ美兎さんに寄せられた歌詞が多く使われています。Vtuber、特にこのアルバムの曲はこういうキャラソン的要素が割と多いですね。

スペース感の音の表現が多彩で気持ちいいです。この曲でしか聴いたことがないような新鮮な音がたくさんあって、宇宙旅行をしているようなわくわく感を体験することができますね。

そしてこの世界で一番いいDメロは?

「まだまだ探してたいんだよ B級のドリーム 永久にさ」

ハァ…月ノ美兎、ホンマに…

本当に月ノ美兎そのものを体現したかのような曲ですね。聴いた後月ノ美兎という存在に打ちのめされるような感覚があります…月ノ美兎とかいう女に一生勝てんが…

 

 9.LIES & TIES-Void_Chords feat. Yui Mugino

作詞:Konnie Aoki 作曲・編曲:高橋諒

 

 『プリンセス・プリンシパル Crown Handler』OPテーマ『LIES & TIES』より。

音がめちゃくちゃいい!!!!!本格的なジャズファンクサウンドが細部まで聴こえてきて圧倒されます。

シンコペーションを織り交ぜた複雑なリズムで展開されるサビ、フレーズの頭だけ表拍にしっかり乗せてくるのめちゃくちゃ気持ちいいですね。サビ前のセクションを入れることでサビ入りの爽快感が爆増しているな~と思います。

サックスソロめちゃくちゃ気持ちいい~本当にどの楽器も鳴りがヤバすぎる。サウンド面への並々ならぬこだわりが垣間見えていいですね~

 

 10.大冒険をよろしく-DIALOGUE+

作詞:田淵智也 作曲:田淵智也 編曲:堀江晶太

 

DIALOGUE+ミニアルバム『DREAMY-LOGUE』より。

うるせ~~~~~~~~~!!!

曲が終わるまで一生うるさいの本当に好きすぎる。デカい音がいっぱい鳴ってる以上に気持ちのいいことはないので

「ジェッ飛ばしちゃう!」「アワタダインフレーション」などこの曲以外でこの単語耳にすること、今後の人生で本当に一度もないだろ...みたいな歌詞が結構出てきます。独特の言葉選びが癖になりますね。ジェッ飛ばすってマジでなに?

歌詞も曲も一生ポジティブなのマジでいいですね。ポジティブすぎて逆に泣けてきます。「大冒険をよろしく」は泣き曲なんですよね~。圧倒的ポジティブは感動を生む。「はじめてのかくめい!」を聴いた時と全く同じ感情になります。

この一生ポジティブ楽曲を「今を派手に生きたいっ!」「ってことでよろしく!」で終わらせるの正解すぎる。「大冒険をよろしく」人生賛歌すぎ…

 

終わりだよ~

2020年、本当にいい曲が多くて選ぶのがなかなか難しかったです…

下半期もいい曲でいっぱいになるといいですね~。今のところDIALOGUE+ちゃんの新曲と先日発表された電音部の曲がかなり気になっています♪

それでは~